経営

レンタルビジネスを考えてみた

レンタルビジネス

レンタルビジネス

レンタルビジネス分野とは?

レンタルの選択されるケースは、一般的に、「使用期間・回数に対して、高価。あるいは高価で専門家のメンテナンスが定期的に必要」となるような製品分野で主に使われています。

「大型テレビ・大型ディスプレイ」もレンタルビジネスとして専業者が何社かあります。大型ディスプレイは、設置が大変で、一時的に使うものがおおいので、レンタルビジネスになりやすいと言えます。

一般的なレンタル業者に目を向けてみますと、業務分野では使用期間が限られ減価償却し難い機材などを企業向けに機材や事務機器などをレンタルする業態も見られます。

なお企業向けレンタルの、特に契約企業に新品を所定期間貸し出す業態に関してはレンタルではなく、リースと呼ばれます。

大抵の場合は盗難や破損した場合の保険を使用者負担でかけており、店舗で直接引き渡される商品は運転免許証や健康保険証、学生証などの身分証明書のコピーが求められます。

またインターネット経由で申し込み宅配で受け渡しが行われる場合は、身分証の提示を求めない代わりに信用証明が確実なクレジットカード(日本)での支払いしか認めないところがほとんどです。

それ以外も、賃貸物件もレンタルという考え方もあるし、DVD、CDなどのレンタル、車のレンタカーなどレンタルビジネスはいたるところで見ることができます。

企業向けレンタル業

事務機器や設備といったものを比較的長い一定期間貸し出すリース以外にも、一時的に企業に様々な機材などを貸し出すレンタル業も存在します。

例えば飲食店向けにはおしぼり(平均約25回ほど再使用される)がレンタルされており、企業がプレゼンテーションやイベントを行う際の機材、あるいは出張におけるレンタカーの利用など、様々な分野で一時的に貸し出された道具類が利用されます。

広義には箱物などの形で方々に建設された貸しホールや多目的商業施設(→多目的ホール)も一種のレンタルであり、これら多目的ホールを渡り歩く無店舗業態の企業も存在します。

プレゼンテーションやイベント用の機材におけるレンタル業は多岐に渡り、映像機器や音響機器の専門業者には日本において日本映像機材レンタル協会(JVR)という業界団体があります。

それ以外に、照明機器専門業者や什器類・舞台やブース設備などといったものに対応する業態も見られ、イベントプロモーターといった専門業者が施設の予約を含め、これらを取りまとめて手配することもあります。

レンタルビジネスやシェアは今後も増えると考えられるため、ニーズをよく見分けると事業として伸びると考えられます。

カテゴリー