経営

カーシェアリングは未来の車社会の縮図かもしれない

カーシェアリング

カーシェアリング

カーシェアリングとは

発祥はヨーロッパ。非営利団体として「公共交通機関を補完するもの」として生まれ、その後、アメリカや日本に広まりました。

レンタカーは不特定多数が利用するシステムですが、カーシェアリングは予め利用者として登録した会員に対してのみ自動車が貸し出される仕組みです。利用時間の単位は10分から1日単位まで必ずしも一定しないが、一般に、レンタカーよりも短時間(短期間)の利用時間単位が設定されています。特に日本では、―日単位での利用ではなく、ごく短時間の利用を目的としています。

日本の現行法令上は、「自動車の利用の対価として金銭を支払う」場合はレンタカーと同様の扱いとされ、カーシェアリングで使用される車両はレンタカーに用いられるものと同様、 「わ(れ)」ナンバーです。

料金収受の発生するカーシェアリング(車両、行為)は、「レンタカー型カーシェアリング」と定義されます。本稿では、特に断りがない限りはレンタカー型カーシェアリングについて記します。

カーシェアリングのメリット

利用者にとってのメリットのひとつは自動車を使用する費用が安く済むことです。

自動車を自己所有する場合、取得価格が高額である上、自動車税、駐車場代、自動車保険代、車検代、整備費用等々、特に目本に於いては、所有するだけで相当の固定費が所有者にのしかかってきます。このような諸費用を払いつつ自動車を所有したとしても、実際に使用するのはせいぜい1日数時間程度にとどまり、稼働率が低いです。

さらに、いわゆるサンデードライバーでは月間の車両の利用時間はせいぜい8時間程度であり、同一の自動車を多数の者が利用する素地があります。複数人で使用することで固定費等を分散(ワリカン)することができ、規模のメリットが働きます。利用者は必要なときに一定金額を支払って車を利用することになるため、載を財産・資産として所有するのではなく、使用に際しての経費としてとらえることとなります。

さらに、日本では公共交通機関網が張り巡らされているため、利用の都度、鉄道、バス、タクシー等とのコスト比較意識が働き、過剰な自動車の利用を抑制する効果があるとも、エコロジーに貢献する、とも言われています。

専用の駐車場が設置され、マンション前の駐車場、住宅街の一角の駐車場、スーバーの駐車場の一角等々がそれに当てられます。日本では、コンビニエンスストアの駐車場に配置された便利な形態のものも広がりつつあります。カーシェアリングは、レンタカーより短時間利用が可能で、会員出ない限り利用できないなどの特長があります。

ポイントは、使用期間がマッチングするかどうか?それさえクリアできれば、こんな便利なサービスはないと個人的におもい、レンタルサービスを考える上でも大変参考になります。

カテゴリー